画像

わたしの移住のテーマは「自分の生き方を創る」〜メディア出演して、感じたこと〜

十日町の街中の飲食店さんへ山菜の出荷とともに、ご挨拶へ伺う。

「あ!あなた、テレビに映ってたでしょ!」

 

「・・・え?・・・わたしが!?」

 

ハッ。

そうだ、わたし、昨日テレビに出てたんだっけ。取材された日々が頭の中で回想される。

十日町の方だけでなく、新潟県全体でわたしが十日町に移住するまでを、テレビで見てくれているというのだ。あの四角い液晶に自分が動いめいているかと思うと、顔から火が出るほど恥ずかしい。

わたしは去年の年末からかなりの頻度で、密着取材をされてはおりましたが、カメラに映るのがとっても、とっても苦手なんです。

インタビューも、どもってたことと思います。笑

写真を撮られるのも、とっても苦手です。(最近は、腕のいいカメラマンたちに助けられているために、やっと写真に写れるように。)

 

女の子たちがよくやるアレが未だに苦手です。アレですよ、アレ。

「写真撮ろー!!」

スマートフォンのインカメラを、おもむろに手慣れた手つきで構図をとる、女の子たちのアレ。

(笑顔って、頬っぺたをこう、引き上げるんだよな・・・。わたし八重歯、イカツイからあんまり笑わないでおこう。そして、隅っこでなるべく映らないように・・・。)

 

そうです。

今時、女子、ちゃいますねん。思いっきり、根暗女子ですねん。

 

透明のレンズが「こっち見て!」って呼ぶんだけど、自分のありのままの姿が映ると思うと、怖くて怖くて逃げたくなる。

 

それなのに、なぜ取材を受け続けたのか。

それにはわたしなりの「伝える」の入り口を、手繰り寄せている途中だったから。

何にもすごいことをなし得てない、自信のないひ弱なわたしだからこそ、飾らずに伝えるべきだと思ったから。

取材もひと段落したので、軟弱だった移住前と今を、振り返ってみることにしました。

IMG_4105

新潟移住前に「二つだけ」武器を持つことができた。

 

テレビの放送が終わった後は、わたしの特集を担当してくださってる記者さんからDVDがいただけます。

ありがたいことです。

そこに至るまでには、”本間 小百合”という人物を「伝える」という、記者さんの仕事があって。

いつも担当してくれるカメラマンさんもとても面白くて、現場を和ませてくれて、撮影の合間に雪を丸めて投げたことも新潟移住前の楽しい思い出になっています。笑

お二人の仕事は、時間が不規則で相当大変だと思います。

 

記者さんはわたしの活動や予定に合わせて、千葉に取材に来てくださったことは一度や二度ではなかったので、「はるばる、なぜわたしを・・・」と思ってもいました。

「移住する人なんて、日本中にたくさんいるし、新潟にもすでにたくさんいらっしゃるはず・・・」

と、思ってもいました。

それでもたった一言記者さんが「ほんまさんのブログ、すごくいいと思います。”等身大”っていうタイトルも」と言ってくださって、

「あぁ、こんなひ弱で、肩書きすら何にもないわたし”だからこそ”伝えられることがあるんだ」って思って。

初めてその時、「言葉」と「感性」を武器にできるんだと、気づきました。

自分の繊細に折れそうになる心に直面する度に、「強くなれ」と「強くあれ」と鞭を奮っては、言葉とは裏腹に、対に向かう繊細な感性を「弱くて、だめなやつだ」と、コンプレックスとして感じてきたんです。

 

それをブログやSNSで”アウトプット”することを始めたら、コンプレックスであった感性や気持ちを、様々な人から「考えるきっかになった」「勇気が出た」などと、メッセージなどをいただけるようになったのです。

 

 

計4回のテレビ放送をひとつも見れない自信のなさと、情けなさを感じても、伝え続けたい。

 

そんな、大事な武器に気づかせてくれたにも関わらず、未だにわたしは4回も放送していただいた、DVDの内容を一度も見れずにいます。

自分自身に、まだまだ全然自信がないから。

IMG_4113

 

インタビューも、うまく言葉にできなくて、すごく悔しい想いをして、毎回取材に望む。

いいこと伝えようなんて思ってない。

けれども、頭に浮かんだ単語は、頭の中にパチンコ玉のように弾かれて、単語の端々を掴めそうで掴めないもどかしさが、自分の中での悔しさと罪悪感にも似た気持ちと摩擦させる。

顔は笑ってるのに、心の裏側ではちぐはぐが多くて、自分に嘘ついたんじゃないかって、帰って一人になると喉の奥がえぐられて涙が出そうになることもしばしば。

新潟に移住されてる、パワフルで素敵な方達を見ると、自分のちっぽけさが丸裸になる気持ちも出てきて、「わたしに一体何ができるんだ」と、「出ました!卑屈さん!」と思いながら、体育座りして、ぼーっとしてたい時なんてしょっちゅうあります。

それでも、特集を組んでくださるテレビ新潟の記者さんが、熱を持って、取材してくださる。

それを見た視聴者の方が応援してくださる。

ブログやSNSを見て、いろいろな感想をいただける。

わたしには「発信」をしながら、「伝える」ことができるんじゃないかって、少しずつエネルギーの芽が育って行く。

”地域おこし協力隊”としても、”本間 小百合”としても、わたしは「伝える」を仕事にしたいな、と、もやもやしていた「働き方」が掴めそうになっている。

自分の生きてもがいた日々が、言葉になることで、誰かに届けられること、誰かの心を揺さぶれること。

これはわたしにできることのひとつなんじゃないかって「移住」をしたこと、一歩踏み出して「発信」をしたことによって気づいたのです。

 

”地域おこし協力隊”としてのわたしと、”本間小百合”としてのわたしのバランスの取り方

 

”地域おこし協力隊”は公務員。

公務員としてのわたしと”本間 小百合”としてのわたしとのバランスは、未だに課題でもあります。

テレビ取材もその兼ね合いで、難しい面があり、悩んだりもしました。

実際に”地域おこし協力隊”は楽しいことばかりではないです。

村の方や地域の特性など、ひとつひとつ知ることから始めなければならないため、”本間 小百合”としての時間の捻出が課題にもなって、睡眠不足の毎日です。

その中でも最近は大事なことを掲げました。

「やれること」をしながら、「やりたいこと」をやる。

この徐々に移るシフトチェンジが人生を豊かにするということ。

「やりたいことがない」という人は、「やれること」を飛び越えてる人が多い。

「やれること」で自分を育てて、足腰鍛えたら「やりたいこと」に挑戦してみる。

自分の力の育て方を、霧のような「やりたいこと」に費やしてはもったいない。

”ある”もの探しは、今目の前から始めること。

 

IMG_4142

 

”「想ってること」はアウトプットしなければ「死んでるのと一緒」”が腑に落ちた瞬間の変化

 

楽しかったこと、

しあわせだったこと、

悔しかったこと、

泣きたかったこと。

 

これらが全て”感じる”ことであり、”生きる”こと。

”生きる”を肯定するには、どんな感情であろうと、まるごと全部自分なんだと、受け入れること。

わたしは、こっぱずかしい青臭い部分ですら、文章として書き残している。

誰かに届けられることを信じながら。

自分一人の自己満足のためのブログから、誰かに「届ける」ことを目的とした、「発信媒体」にしようと、試行錯誤して「伝える手段」をもっとかき集めたいとも思っている。

テレビ取材のおかげで、様々な方とご縁を繋いでいただき、住む土地を変えるだけで、自分の内側のあらゆる感情に気づくきっかけをもらい、結果として「変化」という大きな成長をいただけた。

わたしの移住のテーマは「自分の生き方を創る」です。

「生き方」を創るには、青臭い部分と向き合いながら、わたしの言葉を読んでくれる人の「違和感」と「疑問」を解いていくお手伝いをしたい。

そのためにはわたしが、”等身大”であることを優先することにして、人してのやわらかさを育てていきたい。

 

 

そんなこんなで、この場を借りて、いつも応援してくださる皆さま、お礼をさせていただきます。

本当にありがとうございます。

メッセージひとつひとつ読ませていただいております。

 

これからも新潟県と十日町市と飛渡地区と各集落の良さを伝えていき、「生き方」をテーマに「発信」を続けてまいります。

 

IMG_4141

広告
画像

2つの「死」から貰った、あたたかい贈り物。

Nakamura Emiさんの「使命」という曲の3:41が、
10回、20回…と、リフレインする。

あぁ、最近テレビもニュースも全然見ていない。
情報を遮断しないと頭がパンクしそうになる。
脳みそが自分のことだけで手一杯。

テレビの喧騒が、頭を麻痺させるのが嫌だ。
テレビの喧騒で、現実を忘れるのも嫌だ。

乙武さんの不倫騒動も、最近知った。
誰に向けて謝罪するんだろう?
当事者同士でやってくれたらいいはずなのに、ニュースになるのだなぁ。
日本は、そこそこ平和なんだろう。

そんなことをボーッと考えていると、
3:41の「使命」という曲の終盤が再びやってくる。

 

鹿や猿や熊もうろつく小麦色のこの町から
わたしが何を叫ぼうと世界が振り返る訳ないだろう
鹿や猿や熊もうろつく小麦色のこの町から
30代小娘の言葉で振り返る世界なんか駄目だろう

分かっていても心の中
消えないペンで手の甲に書き残す
お前は書けという人がいる
お前は歌えという人がいる

1人怖いのに?
男の人に甘え
家族を作り
ママになり
幸せになりたいのに?
今日も手の甲は何か書いてある

さぁ 歌えよ 沢山の人に出会ったわたしよ
さぁ 歌えよ 死んでいったあの人から貰ったものよ
さぁ 歌えよ その時代の人間が残した美しい心


(Nakamura Emi “song by  使命” )
何回でも泣いてしまう。この曲は。

泥臭いけど、あがいて、強さすらすがることが正解なのか問う、一曲。

自分の才能を信じ切っていいのか、この道でいいのか、葛藤の中で自分の持てる力を今に向ける。

自己投影って、誰かに言うのは恥ずかしいけれど、こんなに心が震えるほど投影する曲は久しぶり。

 

「答えをください」と言っているのに、質問すらしない。

 

答えなんか誰も持っていないのに、
「あなたは答えを持ってますか?」っていうフリップを掲げて
誰かに聞き回りたくなる時がある。

自分が持った能力を信じきりたい気持ちと、
信じきれない葛藤の中、
それでも心から湧いてくるものを、自分の外側に出して。

そんな自分を自分以外の誰かに受け入れてもらうことへの罪にも似たような気持ち。
自分を100%肯定できないのに、「誰かに受け容れてもらう」という事象に、すがりたくなる。

俗に言う承認欲求は、頭の片隅から追いやることはできない。

 

自分に対する答えを用意していないと、わたしはわたしを保てない。
誰かに矢印を、赴くままに放り投げていたら、わたしというアイデンティティーは崩れさってしまう。

自分なりの「生きるとは?」に、それなりの回答は自分で持っている必要があると思った。

 

使命について向き合うことは、恥ずかしいことじゃない

 

わたしはよく、自分の使命ってなんだろう?って考えます。

使命について考えるようになったのは、「死」に2つ触れたことから始まりました。

1つは、その死とともに、わたしが生かされた、19歳のとき。
わたしは死んでもおかしくなかったのに、その死のおかげで今、生きることができている。
この詳細はいずれ書く事として。

もう1つは、「またね」って言ったのに、命を自ら絶った、20歳の仲の良かった女の子。

彼女は境界性人格障害と、躁鬱病を抱えていた。

病気の相談もよく受けていたし、自殺未遂をした後に、わたしに連絡をよくくれた。

「死ねなかった」って。

彼女のその行動をわたしはずっと無理に止めずに見守ってきた。

病気に対して、勉強したりもした。

彼女のお父さんからも相談を受けて、「どうしたらよいか」と話し合ったこともある。

けれども、彼女はついに「死ねてしまった」。

翌週に会う予定だったのに。

20歳そこらで、どうしてこんなに死と向き合わなければならないんだろうって当時は思った。
まわりを見渡せば、遊びに夢中になっている学生たち。

「お葬式?散骨?告別式?そんなこといいから、飲んで忘れちまおうぜ」

いけるものなら、そっちの世界に、行きたかった。
飲んで、忘れて、記憶を失うまで飲んでいたかった。

「ここに2つの命はない」という事実だけが残って。
それでも「今ここにあるものがすべて」という事実があって。

この世界は、事実だけが残されて、心がついていけなくなる時もある。

 

生まれた意味をつけてあげられるのは、わたしが生きること。

 

2つの死に向き合えるような器ではなかった当時、
「今」という時間が苦しかったから、
常に「未来」へバトンを渡すことを望んでいた。

いつまでもその時は、やってこなかったけれど。

2人が生まれた意味を、わたしがみつけたいと本気で思えたのは、
移住を決めて「覚悟」という言葉の意味が少しずつ腑に落ちだしたからなのかもしれない。

彼らの死んだ意味を探すんじゃなくて、彼らが生まれた意味が
わたしが生きることにイコールするのではないかなぁ、と思ったから。

わたしたちはこの地球で、思考を持つことを与えられて、
「今」を積み重ねることだけは平等に与えられる。

前々から思ってきたけれど、必ず死んでいくのに、「自分という素材を抑えて生きる人」があまりに多いなぁ。と思う。

その一部として、弱っている自分を、痛いほどに感じて。

(そう、まさに今です。わたしです。)

 

ちょっとだけカラい文章で、わたしに味付け

 

今日は少しだけ心の奥を突っついてみる文章を書いてみようと、ヘビーな内容ですが、「わたしだから書ける」という言葉への挑戦も込めて書き残しています。

言葉の1番の贈り主は、臆病で不安に駆られている「自分」に向けて。

なんだか、周りの子を見渡すと「本気になるのがかっこわるい」という風潮があるように感じて、わたしはどちらかというと、物事の根っこを考えるのが、マニアックなほどに大好き。(気持ち悪がられます)

なので、真剣な内容をどこか茶化して、はぐらかして、たまに「真剣さ」を出せば、「病んでるの?」なんて声も聞こえたこともある。

物事や、自分に向き合う作業って客観的に見たら、物凄く「青臭いもの」と感じてしまうし、「こそばゆい」想いが根付くのは致し方ないことと思う。

けれど、そこをひとつ越えると清々しいし、かっこいい。

自分の内面と向き合うことは、全然かっこわるいことじゃなくて。

アウトプットしたら、誰かの悩みの手助けになったりもする。

知恵の輪を解く作業をみんなでやるのは、楽しいことだと思う。

 

「死」というゴールからの、あたたかい贈り物

 

命を使う。使命。

よく何の為に生きるのかという哲学のテーマが蔓延っているけれど、
「死ぬ」ことの方に向かって考えた方がよっぽど有意義な気がする。

「恥ずかしいから、本当のわたしは出さないんだ」
なんて、言ってる場合じゃない気がしてくる。

時間軸のゴールは、みんな一緒で、「死」。

何秒、何分、何年とか、個々に違うリミットがあるのは誰もがわかってる。
わかっていても、それを意識して、生きている人ってどれほどなのだろう。

「死んでいくこと」を目の前に感じると、終わりを身近に感じられる。

なんだかそれは、とってもあったかい贈り物のような気がして、
「あなたを使い切るための希望だよ」って、教えられた気がした。

「終わる」ってそういうことだよなあって。

今は、2人がいなくなってしまったことも、「わたしという素材を燃やす起爆剤」だとわたしは勝手に捉えている。

 

「今」というコップが穴だらけな時の、総点検

 

誰かが作った「成功の道」を目指して、追い求めて、老いていく人もいる。
誰かが作った「お金」という循環に奔走して、老いていく人もいる。

彼らが死ぬ時に「よい人生だった」と一言あれば、
そのことに誰かが意味をつけることは、無駄以外のなにものでもなくて。

人の生き様が目について、黒い感情が生まれるときは、
「今」というコップが穴だらけなのだと気づく。

嫉妬とか焦りは「今に穴空いてますよ!」というサインなのは重々承知だけれど、壁についた黒いシミをずっと見ているような、一秒一秒を感じる集中も難しい。

けれど、終わりが希望ということは、今抱えている悩みはとてもちっぽけなものだと、笑える気もしてくる。

コテン、と逝ってしまうその時に、今が笑い話になるような工夫をしていきたいと思う。

今はそんな、総点検の時期だったのかもしれない。

ひとつ、ひとつを文字にすることで、弱っていた自分を客観的に見ることができたら、気持ちがとても落ち着いてきた。

 

「覚悟」がつきまとうから、「移住」のハードルが高い 〜中山間地〜

 

散々哲学的な内容を綴ったけれど、気が済んでしまいましたので、この辺にしておいて(笑)
大幅な方向転換させてください(笑)
気分がコロコロ変わるのです。人間だもの。

現時点で移住におけるさまざまな課題をポイントとして分かり始めました。
また、地域おこしをするにあたって、中山間地に移住者を増やすのは、想定していたことより複雑なことが多いと既に実感しています。

「あぁ、これは、生半可な気持ちじゃ地域おこしできないわ」って。

イベントやって、都会との交流、満足満足〜。っていう、そういうレベルではないなって。

そう、それは、わたしが既に弱っているから。
移住者の一人として。
これが中山間地への移住に対する「覚悟」かも、っていうのが芽生えてきたから。最初は「おためし移住」に近い感覚だったのに。

けれど、これから移住する人に対して「覚悟」っていうハードルを下げるのが、これからのわたしの仕事。

「覚悟」を持たなくても、移住してもらえるような地域にしていく準備が必要なんだと思った。

image
新 ほんまHOUSE

 

そうそう、田舎の醍醐味は「手間」でもありますから、一見デメリットなことを魅力に変える力をつけたいと思っています。

 

とりとめもなく長くなってしまいましたが、先日引越しを完了しまして、一旦千葉に戻ったものの、今日から新潟県十日町市の宇田ヶ沢村の集落にて移住生活が始まります。
そして、飛渡地区の地域おこし協力隊として、4月1日から任用されます。

移住ライフから、生き方から、日々思うことまで、今後も徒然と日々を綴っていきます。