画像

能力の限界は希望であって、限界を知ることで「やりたいこと」の叶えるスピードが加速する。

「時間が足りない」といつも思ってしまう程、1日を駆け抜け、気づいたら夜を迎えている。自分の中では戦略的に動いているつもりが、から回ることがたくさんあって、腑に落ちないこともたくさんあり、反省する日々を繰り返している。

けれども、楽しいことの割合の方が圧倒的に多くて、関東にいた頃より「こうなりたい、こうありたい」というものが、より明確になったことで「有意義」という言葉の意味に納得できている。

実現できるという自信が100%あるかと問われたら、首を縦に振ることに不安はあるけれど、協力隊の仕事と平行線で「本間小百合の人生」のビジョンの方向性もざっくりと決めている。

就業せずに、起業すること。

自分の得意なことと好きなことを死ぬまでやり続けるために、「起業」が手段だと思った。

わたしはこの町に来て、本当に変わった。

 

IMG_4348

 

自分を愛したいし、可愛がりたい。

 

「起業する」なんて関東では絶対に口には出せなかった。会社に属す道に安心感があったし、自分で事業を回すなんて自信もなかったし、「達成できなかったこと」のイメージが大半だったから、心のタンスに大事に大事にしまっていた。

東京という人口密度は、「比較」で生きることを頑張れた特殊な土地だったし、「比較」でエネルギーを消耗する逆も然り。

人が密集しすぎると、「多数決」が採用され続け、「少数派」は「変」という扱いにされがちだったから「心を隠す人」が増え続けるんだろうと思う。「心を開く」ことが人生をより良くするものなのに。

また「起業」への道のりは、ビジネスの方向性を常に考え続け、それに見合ったインプットとアウトプットを任期中にひたすら繰り返し、お金の循環を自分で作り出して、自分で責任を持つことが大前提。

こうして言葉で表現したら堅苦しいことのように思えるけれども、自分の中にある芽をどうやったら育つのか、どうしたら花が咲くのかという、人間として「当たり前」の根底の部分と対峙する作業を繰り返し行うシンプルなこと。

そのためには好きなことと、生まれ持った得意なことをやり続けること以外の方法が思いつかなくなってきたからこの答えに至ったのだと思う。

 

「好きなこと」と「才能」は別物であること。

 

前者は「ついやってしまう」こと。後者は才能と呼ばれ「意識」しないでもできてしまうこと。

「ついやってしまうこと」と「才能」が重なるときのパワーは、人をとてつもなく輝かせる。そこを見つけることが楽しくも困難でもあるかもしれない。

生きていく中で、「才能」と「好きなこと」の重なり合う部分が一生同じとは限らないから、見つめ続けることで「変化」という名の成長ができ、「変化=気づき」は自分の心と常に対峙すること、出来事に対峙することで収穫ある実りだと思う。

「才能」を優先するときもあるかもしれないし、「好きなこと」を優先するがために苦しいこともあるかもしれない。

逆上がりを1000回やってもできない子が、鉄棒が大好きだったら、1,001回目でできるかもしれない。

それを「苦しい」と呼ぶのか、「楽しい」と呼ぶのかで、人生は180度変わるんだろうなと思う。

それだけ「好き」の熱量はすごいし、「才能」は自分発掘をしていると、いくつも原石があったりするとてもおもしろいもの。

仕事を「創る」にあたって、「好き」と「才能」の重なる部分を探り続けることと、それを「お金」として価値を生み出すことは、なんだかとてもワクワクする。

IMG_3712

 

「好きなことがわからない」は本当?

 

「好きな自分でいつまでもいたい」というシンプルな願いが、消去法という方法で「仕事を自分で創る」という道を歩かせる。「あぁ、これを進むか、進まないかだけだったんだなぁ」と十日町に来て、思う。

よくこの道が、「わからない」と相談されることがあったし、関東に住んでいた頃はわたしも「わからない」側の人間だった。

なぜ「わからない」側だったのかと思い返してみると、「進みたい道」はわかっているのに、ただ怖くて「進めなかった」だけだったから。

また、「あいまい」ということが「いけない」ことだと思っていたから。

「あいまい」につきものなのが知識、技術、自信がないと「その道に進むことはタブー」と自分に刷り込み続け、「本当はこの道に進みたいけれど3点セットのどれも欠けているから、”とりあえず今のまま”でいいや」と惰性に甘え続ける。

”とりあえず今のままでいい”は、「楽」に変換できる都合の良い言葉だった。

3点セットは、”とりあえず”にドンドンと吸収されて育たなかった。

結果として「好きなことがよくわからない」と言っていたいた方が、「保身」には都合が良かった。「好きなことで食べていけたら」は、言ってはいけない気がした。「あいまい」だったから。

今では「あいまい」なままでいいから、「やる」と決めている。

3点セットは「やる」の後にしかついてこないと気づけたから。人に「あなたは何がやりたいの?」と言われ続けても、道の途中だから目の前の自分で決めてやることに全力で取り組めばいい。

その繰り返しの先のビジョンを「願う」のではなく「信じて」あげることを大切にしている。

今はこれが「自分を愛す」ということの位置付けなのかもしれないと思っている。

 

「仕事はどんなことをしてるの?」困ってしまう、その質問。

 

「仕事は何をしているの?」

こんなよく投げられる球に素早く投げ返したいと最近はよく思うけれど、ひとつの回答にまとまらないと「優先順位がつけられていないんだな」と落ち込むこともしばしばある。

「地域に入る」が今は仕事だから、例えば「高齢者サロン」のようなものに顔を出すのも活動のうち。

けれどなんとなく「目に見える形の仕事」として説明ができないのが、なんとなく悔しい。そんな悔しさに相まって、「説明できる仕事」をなんとか作ろうと自分を追い込み続ける。

 

IMG_4587
若手農家さん取材風景

 

たぶん協力隊に入ったばかりの人の多くが、そんなもどかしさを感じているのではないかとも思う。

「焦らないでいいよ」という言葉の「やさしさ」を感じつつ、1ヶ月、2ヶ月という時間がとても早く過ぎていくので、「目に見える形」に早く変換したいから仕事を頑張る。

ただ、「目に見える形」を焦りすぎると、「地域に溶け込む」というバランスを見落とすから、今はその中間地点を手探り状態。

 

自分の限界を知ると、人に頼れるようになる。

 

思ったより早くビジョンが出来上がったので、「協力隊としてのわたし」と「ただのわたし」のふたつの道はどちらもスタートしている必要があり、その道筋は、完全に分断されているかというとそうでもなく、道が交差するところもあるし、全く別の道のときもある。

 

そうなってくると、たくさんたくさんやりたいことがあって、いつも頭の中は大騒ぎ。

一見、「やりたいことがたくさんある」というのは、羨ましがられることかもしれない。けれども前記事で書いた通り、「物事には必ず裏と表があって、両面を理解して答えを出す」ということの大切さを感じている自分には、この落とし穴に、いつも落ちそうになる。

人一人の1日という時間は平等に24時間。これ以上でもこれ以下でもないのに、やりたいことと求められることの優先順位の決定を後回しにしていると、24時間を頭の喧騒に邪魔されて、身動きがとれなくなる。

だから「得意ではない仕事」は「やりたくないです」と伝えるようにしている。(トビタリの皆さん寛容でありがとうございます)

 

IMG_4531
チームバランスを見てくれている横澤さん

 

24時間の限りあるパフォーマンスを最大限発揮していたいし、「その仕事はわたしでないといけない」というわけではないので、かなりお任せしている。

(”チームで仕事する”という視点ではこれの度が過ぎると良くないけれど)

わたしよりすでにその仕組みに慣れている人が継続していた方が、より高いパフォーマンスを継続できるならば、基本だけは覚えて、あとは頼らせてもらっている。

 

最後に

 

自分の中でこれを「やりたい」と口に出していると、気づくとその糸口が次から次へとやってくる。本当に不思議なことで、十日町にきてから「やりたいと思っていること」の実現できるスピードが半端ない。

それは人との出会いにも起因している。人とつながることでどんどんと、具現化していく。つまり、「自分ひとりの力を過信しすぎない」ということ。

どうあがいても、わたしひとりの1日は24時間でしかなくて、ちっぽけで非力な存在だ。けれども誰かの1時間をわたしの「やりたいこと」に協力してもらったら、「やりたいことに費やせる時間」は、25時間になる。

それが一人、また一人と増えるだけで「やりたいこと」の叶えるスピードは圧倒的に早くなるのは必然で。

そんな世の理的なしくみに気づくのに、24歳になってしまい、少し遅かったのでは?なんてことも思う。笑

「ひとりでがんばらないでいいよ」というのは、「やさしさ」って呼ばれる言葉かもしれないけど、「事実」であり、「一番の近道」である素晴らしい言葉だと思う。

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中