画像

わたしの移住のテーマは「自分の生き方を創る」〜メディア出演して、感じたこと〜

十日町の街中の飲食店さんへ山菜の出荷とともに、ご挨拶へ伺う。

「あ!あなた、テレビに映ってたでしょ!」

 

「・・・え?・・・わたしが!?」

 

ハッ。

そうだ、わたし、昨日テレビに出てたんだっけ。取材された日々が頭の中で回想される。

十日町の方だけでなく、新潟県全体でわたしが十日町に移住するまでを、テレビで見てくれているというのだ。あの四角い液晶に自分が動いめいているかと思うと、顔から火が出るほど恥ずかしい。

わたしは去年の年末からかなりの頻度で、密着取材をされてはおりましたが、カメラに映るのがとっても、とっても苦手なんです。

インタビューも、どもってたことと思います。笑

写真を撮られるのも、とっても苦手です。(最近は、腕のいいカメラマンたちに助けられているために、やっと写真に写れるように。)

 

女の子たちがよくやるアレが未だに苦手です。アレですよ、アレ。

「写真撮ろー!!」

スマートフォンのインカメラを、おもむろに手慣れた手つきで構図をとる、女の子たちのアレ。

(笑顔って、頬っぺたをこう、引き上げるんだよな・・・。わたし八重歯、イカツイからあんまり笑わないでおこう。そして、隅っこでなるべく映らないように・・・。)

 

そうです。

今時、女子、ちゃいますねん。思いっきり、根暗女子ですねん。

 

透明のレンズが「こっち見て!」って呼ぶんだけど、自分のありのままの姿が映ると思うと、怖くて怖くて逃げたくなる。

 

それなのに、なぜ取材を受け続けたのか。

それにはわたしなりの「伝える」の入り口を、手繰り寄せている途中だったから。

何にもすごいことをなし得てない、自信のないひ弱なわたしだからこそ、飾らずに伝えるべきだと思ったから。

取材もひと段落したので、軟弱だった移住前と今を、振り返ってみることにしました。

IMG_4105

新潟移住前に「二つだけ」武器を持つことができた。

 

テレビの放送が終わった後は、わたしの特集を担当してくださってる記者さんからDVDがいただけます。

ありがたいことです。

そこに至るまでには、”本間 小百合”という人物を「伝える」という、記者さんの仕事があって。

いつも担当してくれるカメラマンさんもとても面白くて、現場を和ませてくれて、撮影の合間に雪を丸めて投げたことも新潟移住前の楽しい思い出になっています。笑

お二人の仕事は、時間が不規則で相当大変だと思います。

 

記者さんはわたしの活動や予定に合わせて、千葉に取材に来てくださったことは一度や二度ではなかったので、「はるばる、なぜわたしを・・・」と思ってもいました。

「移住する人なんて、日本中にたくさんいるし、新潟にもすでにたくさんいらっしゃるはず・・・」

と、思ってもいました。

それでもたった一言記者さんが「ほんまさんのブログ、すごくいいと思います。”等身大”っていうタイトルも」と言ってくださって、

「あぁ、こんなひ弱で、肩書きすら何にもないわたし”だからこそ”伝えられることがあるんだ」って思って。

初めてその時、「言葉」と「感性」を武器にできるんだと、気づきました。

自分の繊細に折れそうになる心に直面する度に、「強くなれ」と「強くあれ」と鞭を奮っては、言葉とは裏腹に、対に向かう繊細な感性を「弱くて、だめなやつだ」と、コンプレックスとして感じてきたんです。

 

それをブログやSNSで”アウトプット”することを始めたら、コンプレックスであった感性や気持ちを、様々な人から「考えるきっかになった」「勇気が出た」などと、メッセージなどをいただけるようになったのです。

 

 

計4回のテレビ放送をひとつも見れない自信のなさと、情けなさを感じても、伝え続けたい。

 

そんな、大事な武器に気づかせてくれたにも関わらず、未だにわたしは4回も放送していただいた、DVDの内容を一度も見れずにいます。

自分自身に、まだまだ全然自信がないから。

IMG_4113

 

インタビューも、うまく言葉にできなくて、すごく悔しい想いをして、毎回取材に望む。

いいこと伝えようなんて思ってない。

けれども、頭に浮かんだ単語は、頭の中にパチンコ玉のように弾かれて、単語の端々を掴めそうで掴めないもどかしさが、自分の中での悔しさと罪悪感にも似た気持ちと摩擦させる。

顔は笑ってるのに、心の裏側ではちぐはぐが多くて、自分に嘘ついたんじゃないかって、帰って一人になると喉の奥がえぐられて涙が出そうになることもしばしば。

新潟に移住されてる、パワフルで素敵な方達を見ると、自分のちっぽけさが丸裸になる気持ちも出てきて、「わたしに一体何ができるんだ」と、「出ました!卑屈さん!」と思いながら、体育座りして、ぼーっとしてたい時なんてしょっちゅうあります。

それでも、特集を組んでくださるテレビ新潟の記者さんが、熱を持って、取材してくださる。

それを見た視聴者の方が応援してくださる。

ブログやSNSを見て、いろいろな感想をいただける。

わたしには「発信」をしながら、「伝える」ことができるんじゃないかって、少しずつエネルギーの芽が育って行く。

”地域おこし協力隊”としても、”本間 小百合”としても、わたしは「伝える」を仕事にしたいな、と、もやもやしていた「働き方」が掴めそうになっている。

自分の生きてもがいた日々が、言葉になることで、誰かに届けられること、誰かの心を揺さぶれること。

これはわたしにできることのひとつなんじゃないかって「移住」をしたこと、一歩踏み出して「発信」をしたことによって気づいたのです。

 

”地域おこし協力隊”としてのわたしと、”本間小百合”としてのわたしのバランスの取り方

 

”地域おこし協力隊”は公務員。

公務員としてのわたしと”本間 小百合”としてのわたしとのバランスは、未だに課題でもあります。

テレビ取材もその兼ね合いで、難しい面があり、悩んだりもしました。

実際に”地域おこし協力隊”は楽しいことばかりではないです。

村の方や地域の特性など、ひとつひとつ知ることから始めなければならないため、”本間 小百合”としての時間の捻出が課題にもなって、睡眠不足の毎日です。

その中でも最近は大事なことを掲げました。

「やれること」をしながら、「やりたいこと」をやる。

この徐々に移るシフトチェンジが人生を豊かにするということ。

「やりたいことがない」という人は、「やれること」を飛び越えてる人が多い。

「やれること」で自分を育てて、足腰鍛えたら「やりたいこと」に挑戦してみる。

自分の力の育て方を、霧のような「やりたいこと」に費やしてはもったいない。

”ある”もの探しは、今目の前から始めること。

 

IMG_4142

 

”「想ってること」はアウトプットしなければ「死んでるのと一緒」”が腑に落ちた瞬間の変化

 

楽しかったこと、

しあわせだったこと、

悔しかったこと、

泣きたかったこと。

 

これらが全て”感じる”ことであり、”生きる”こと。

”生きる”を肯定するには、どんな感情であろうと、まるごと全部自分なんだと、受け入れること。

わたしは、こっぱずかしい青臭い部分ですら、文章として書き残している。

誰かに届けられることを信じながら。

自分一人の自己満足のためのブログから、誰かに「届ける」ことを目的とした、「発信媒体」にしようと、試行錯誤して「伝える手段」をもっとかき集めたいとも思っている。

テレビ取材のおかげで、様々な方とご縁を繋いでいただき、住む土地を変えるだけで、自分の内側のあらゆる感情に気づくきっかけをもらい、結果として「変化」という大きな成長をいただけた。

わたしの移住のテーマは「自分の生き方を創る」です。

「生き方」を創るには、青臭い部分と向き合いながら、わたしの言葉を読んでくれる人の「違和感」と「疑問」を解いていくお手伝いをしたい。

そのためにはわたしが、”等身大”であることを優先することにして、人してのやわらかさを育てていきたい。

 

 

そんなこんなで、この場を借りて、いつも応援してくださる皆さま、お礼をさせていただきます。

本当にありがとうございます。

メッセージひとつひとつ読ませていただいております。

 

これからも新潟県と十日町市と飛渡地区と各集落の良さを伝えていき、「生き方」をテーマに「発信」を続けてまいります。

 

IMG_4141

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中